phpのコードを見てると、よく->というものが登場する。

アロー演算子と呼ばれるものでphp newbieな筆者にはイマイチ理解できなかったので、メモ。

 

アロー演算子

->は見た目が矢印(arrow)なこともあり、アロー演算子と呼ばれているみたい。

で、これがなんなのかと言うと、

「左辺から右辺で指定した値を取り出す」

ようなものという理解で大丈夫そう。

class Person {

name = ‘太郎’

}

Person -> $name // 太郎

こんな感じ。実際は左辺ではインスタンスを記述する。