Pythonのラムダ(lambda)式とは?使い方を紹介

0

Pythonのラムダ(lambda)式について、その定義と使い方を紹介していきます。

Pythonのラムダ(lambda)式、一言で言うと…

ラムダ式を使うと、関数に名前を付けずに簡潔にコードを記述できるようになります。

例えば、名前を入力するシステムがあったとします。(Mike,Bobなど)

 

しかし、ユーザーによってはmikeやbobと入力し、こちらとしては「名前の先頭文字は大文字で入力してほしいのにな・・・」とします。

その場合はこのようなコードになると思います。

先頭文字列を大文字にするために文字列メソッドのcapitalizeを使用しています。

 

ラムダ式を使えばより簡潔に記述できる

求められている要件(名前の先頭文字を大文字で統一する)は達成しました。

でもラムダ式を使うことで上記のコードをより簡潔に書くことができます。

 

ちなみにchange_nameの中に直接ラムダを記載することもできます。

 









 

About Author

Comments are closed.