Pythonでファイルを作成、書き込みをする方法

0

Pythonで新規でファイルを作成したり、書き込みをしたりするコードを簡単に紹介していきます。

Pythonでファイルを新規作成し書き込みをする

さくっとPythonのファイル操作を紹介していきます。

今回、テキストファイルを作成しそこに「test」と書き込むコードを見ていきます。

第二引数にwと記載していますが、これでファイルに書き込むという命令になります。

Pythonフォルダの中にtest.textというテキストファイルが作成され、開くとtestの文字が書き込まれていることになります。

 

ちなみに、テキストを変更してもう一度実行するとTESTの文字に上書きされます。

 

もし、上書きではなく文字を追加したい場合は

wの部分をaに変えて実行します。ちなみにaはappen(追加)の頭文字から来ています。

 

開いたファイルは閉じる

上記のコードの1番最後にf.close()というスクリプトがあります。

これは開いたファイルを閉じるという命令で、これをやらないとメモリを消費してしまうので、必ず記載するようにします。

でも、コードを書き忘れてしまう可能性もありますよね?

そういった時にはwithステートメントを使用します。

 

withステートメントを使えばcloseは省略できる

closeのコードを省略できるwithステートメントというものがPythonにはあります。

さっそくwithステートメントを使用したコードを書いていきます。

with~as f: このfはなんでもOKです。ここでは分かりやすくfileの頭文字をとってfとしました。

このコードを使えばcloseは省略できますね。

 









 

About Author

Comments are closed.