Scratchとは?子供向けのプログラミングでよく聞くScratchを解説

19

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化され、それに向けた動きが活発になっていますね。

習字・そろばんなどの習い事の中に「プログラミング」が選択肢に入る時代もすぐ近くです。

 

子供向けのプログラミング教育の情報を調べていると「Scratch(スクラッチ)」という単語を目にした親御さんも多いのでは?

 

今回は

  • Scratch(スクラッチ)とは何なのか?
  • Scratch(スクラッチ)を勉強することでどんなスキルを身につけることができるのか?

といった点を分かりやすく解説します。

 

最近よく聞くScratch(スクラッチ)ってなに?

アメリカのマサチューセッツ工科大学が開発したプログラミング学習環境(ビジュアルプログラミング)の一つです。

 

ビジュアルプログラミング・・・いきなり難しい言葉が出てきましたね。

 

通常、プログラミング学習を行う際のイメージはこのようなイメージが多いのではないでしょうか?

黒いパソコン画面にひたすら文字を打ち込んでプログラミングをしていく。

こういったイメージが多いと思います。

 

一方、Scratch(スクラッチ)はビジュアルプログラミング-つまり、視覚的にプログラミングを行うことができます。

 

実際にScratch(スクラッチ)の開発画面を見てみると、視覚的にブロックを繋げることでプログラミングの命令式を書いています。

イメージとしては、レゴのようにブロックを繋ぎ合わせて1つのものを作っていく感覚です。

 

 

Scratch(スクラッチ)は海外のサービスだから英語ができないとダメ?

先ほど、Scratch(スクラッチ)はアメリカにあるマサチューセッツ工科大学が開発したものと紹介しました。

 

「海外で開発されたものだから、英語を理解できないとダメなのでは・・・」

 

と心配する人もいるかと思いますが、Scratch(スクラッチ)は日本語に対応しているので英語を理解できなくても学習することができます。

 

近年では日本でも普及しているので、操作方法や使い方など日本語で紹介しているサイトも多くなりました。

 

Scratch(スクラッチ)を勉強するとどんなスキルが身につく?

それではScratch(スクラッチ)を勉強することで、どのようなスキルが身につくのでしょうか?

 

動画でも紹介されているように視覚的に簡単にプログラミングを学ぶことができるScratch(スクラッチ)は、子供がプログラミングの世界に足を踏み入れる最初のプログラミングとして最適です。

 

将来的にプログラミングが必要になるからという理由で分厚い書籍を渡しても、子供は見向きもしないでしょう。大人でさえ手こずるのがプログラミング学習ですから。

 

さらに、プログラミングを学ぶことで

  • 問題解決力
  • プロジェクト設計力
  • アイデア発想力

これらのスキルをトータルで伸ばすことができます。

 

将来、世界的にエンジニアの数は足りなくなると言われているので(現在もすでにこの問題は顕在化)、プロウグラミングに小さい頃から馴れ親しむのは将来の投資としても十分と言えます。

 

 

Scratch(スクラッチ)の利用にはいくらかかるの?

ここまで来るとなんとなく、Scratch(スクラッチ)に魅力を感じてきた方もいるのではないでしょうか。

 

子供向けのプログラミング勉強に最適なScratch(スクラッチ)は全て無料で利用することができます。

 

この点も世界的にScratch(スクラッチ)が普及した理由の1つと言えるでしょう。

 

また、以前はScratch(スクラッチ)をパソコンにインストールする必要がありましたが、現在ではブラウザ上で利用することができます。

 

つまり、インターネット環境に繋がっているパソコンがあれば無料ですぐに始めることができるのもScratch(スクラッチ)の魅力の1つと言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、子供向けプログラミング教育によく用いられるScratch(スクラッチ)を紹介しました。

 

すでに子供向けプログラミングスクールの私塾では、このScratch(スクラッチ)が多く採用されています。

 

もしかすると、学校教育でもScratch(スクラッチ)が採用されるかもしれませんね。(その可能性はとても高いです)

 

無料ですぐに利用できるので、お子さんと試しに触ってみるのも面白いかもしれませんね。

Scratch(スクラッチ)日本語公式サイトへ

 

 









 

About Author