Sketchでレイヤーをグループ化する方法

0

SketchでWebサイトやアプリ画面をデザインしていると、複数のレイヤー(しかもかなりの数)で埋め尽くされてきます。

このレイヤー達をまとめて管理するためには「グループ」という機能が便利です。

今回は複数のレイヤーリストをまとめて管理できるグループ機能について紹介します。

 

Sketchのグループ機能とは?

Sketchは様々なオブジェクトによって構成されています。

図形、文字、画像など複数のオブジェクトがそれぞれレイヤーと呼ばれる層で構成された1つのWebデザインやアイコン、アプリデザインを構成します。

レイヤーが2つ3つのように少なければ問題ありませんが、何十ものレイヤーで構成されるようなデザインの時には「グループ」の機能が役立ちます。

 

たくさんのファイルを管理する時に、フォルダごとに管理するとスッキリ管理できますよね?

このフォルダに相当するものがSketchでは「グループ」と呼ばれています。

 

さっそくグループ化機能を使ってみる

Sketchで複数のレイヤーをグループ化するのは非常に簡単です。

さっそく見ていきましょう。

 

まず、画面左側のレイヤーリストからグループ化したいレイヤーを複数選択します。

複数選択する方法は、キャンバス上でShiftキーを押しながら1つずつ図形を選択してもOKですし、画面左側のレイヤーリストから複数選択することもできます。

 

レイヤーリストを複数選択した後は、画面上部にあるグループ化ボタンをクリックすることで複数のレイヤーをグループ化することができます。

なお、複数のレイヤーを選択した後にcommand + G を押すことでもグループ化することができます。

このショートカットは便利なので抑えておきましょう。

 

ちなみにグループ化されたレイヤーはフォルダーアイコンの中に格納されます。

パソコンのファイル管理と同じような感じですね。

 

グループの名称を変更する

グループ化した後は管理しやすいように名称も変更しましょう。

名称の変更方法は、グループの箇所でダブルクリックをすることで名称変更できます。

 

グループ化を解除する

それでは次にグループ化を解除する方法を説明します。

何らかの事情でグループ化を解除する場合も出てきますので、こちらも併せて覚えておきましょう。

 

方法はとても簡単で、グループを選択した状態でメニューバーのグループ解除のアイコンをクリックするだけ解除ができます。簡単ですね。

 

▼関連記事

Sketch初心者向け!Sketchの使い方まとめ









 

About Author

Comments are closed.