Sketchで図形に影を付ける方法

0

Sketchでキャンバスやアートボードの上に図形を配置することができます

この図形はオブジェクトととも呼ばれますが、テキストや丸、三角などのオブジェクトを配置してデザインを作っていきます。

今回はこのオブジェクトに影を付ける方法を紹介していきます。

 

Sketchでオブジェクトに影を付けてみる

それではさっそく図形に影を付けていく方法を見ていきましょう。

まず、任意のオブジェクトを配置してみます。

オブジェクトなら四角でも丸でも何でも結構です。

オブジェクトを選択した状態になると画面右側にインスペクターパネルと呼ばれるものが表示されます。

ここで、オブジェクトに影を付けることができます。

すでにそれらしきパネルが表示されていますね。「Shadows」と書かれたパネルをクリックしてみましょう。

この画面で影の編集をしていきます。

 

Color:影の色を決める

X:影のX軸の位置を決める(左右)

Y:影のY軸の位置を決める(上下)

Blur:影をぼかす

Spread:影の広がり

 

各値はこのように対応します。

各値を操作すると、それぞれの値に応じ影が変更されます。

 

内側に影を付ける

インスペクターパネルの「Shadows」の下側には「Inner shadows」という項目もあります。

これは読んで字の如しで、オブジェクトの内側に影を付ける時に使います。

外側の影と同じく、

Color:影の色を決める

X:影のX軸の位置を決める(左右)

Y:影のY軸の位置を決める(上下)

Blur:影をぼかす

Spread:影の広がり

これが内側に展開されます。こちらも併せて覚えておきましょう。

 

▼関連記事

Sketch初心者向け!Sketchの使い方まとめ









 

About Author

Comments are closed.