【小中高生の保護者必見!!】東京にあるおすすめ子供向けプログラミングスクール7選

0

IT企業が年々増えていく中でエンジニアと言った技術者不足が今後の課題と言われている事もあり、2020年に東京オリンピックが開催される日本の中心地である東京では未来の優秀な技術者の人材育成に力を注いでます。

東京に数ある子供向けプログラミングスクールの中からおすすめする7校を今回は紹介したいと思います。

Tech Kids CAMP(テックキッズキャンプ)/Tech Kids School(テックキッズスクール)

Tech Kids CAMP(テックキッズキャンプ)/Tech Kids School(テックキッズスクール)は、今や国内だけではなくアメリカやアジアにも拠点を構え成長を続けている「サイバーエージェント」が運営する小学生向けのプログラミングスクールです。

3日間でプログラミングに触れるだけではなくしっかり知識やスキルも身に付ける事が出来る『キャンプスタイル』と3年間という長期育成スケジュールを組んで全くの0からiPhoneアプリやAndroidアプリを開発出来るまでに育成していく『スクールスタイル』の2つから選ぶ事が出来るようになっています。

学べる内容としては、プログラミング学習ツール「Scratch」を使った基礎学習や基礎スキルを習得した後はiPhoneやAndroidアプリ開発なども学べます。

【対象:小学1年生〜小学6年生】

【スクール費用】

※参考価格※

・Tech Kids CAMP(テックキッズキャンプ):キャンプスタイル
開催期間:3日間
基本料金:42,000円(税込 45,360円)
パソコンレンタル(オプション):3,000円(税込 3,240円)
※パソコンをお持ちの方は持参頂ければオプション料金はかかりません。

・Tech Kids School(テックキッズスクール):スクールスタイル
期間:3年間
1ヶ月あたりの受講料:19,000円(税込 20,520円)
PCレンタル料金:4,000円(税込 4,320円)/月
※パソコンをお持ちの方は持参頂ければレンタル料金はかかりません。

【Tech Kids CAMP(テックキッズキャンプ)/Tech Kids School(テックキッズスクール)の特徴まとめ】

  • これまでサイバーエージェントが培ってきたノウハウが最大限に取り入れられた独自カリキュラムなのでしっかりスキルを身に付ける事が出来ます。
  • 全くの初心者のお子さんでも少人数制でスキルに長けたメンターがサポートしてくれるので安心です。
  • パソコン操作方法からアプリ開発までの総合力を身に付ける事が出来ます。

テックキッズスクール公式サイトへ

Life is Tech!(ライフイズテック)

Life is Tech!(ライフイズテック)は、同じく「サイバーエージェント」が運営するプログラミングスクールであり中学生・高校生向けになっています。

受講スタイルは春夏冬休み期間などに3〜5日間の短期間でプログラミングに触れてプログラミングの楽しさを体感したりスキルを身に付ける事が出来る『キャンプスタイル』と1年間を通してプログラミングの基礎から高度な開発スキルまでを身に付ける事が出来る『スクールスタイル』, さらにはネット環境さえあればどこにいても学習が出来る『オンラインスタイル』の3つの中から自分に合った受講スタイルを選ぶ事が出来ます。

学べる内容は「Scratch」という学習ツールを使ってプログラミングの基礎を学べるたり、ステップアップした後はiPhoneアプリの開発なども学べるようになっています。

【対象:中学1年生〜高校3年生】

【スクール費用】

※参考価格※

・キャンプスタイル
受講期間:3日間・4日感・5日間から選択(開催会場により変動)
基本料金:3日間 39,900円(税込 43,092円)
4日間 59,200円(税込 63,936円)
5日間 69,900円(税込 75,492円)
PCレンタル料金:3日間 4,500円(税込 4,860円)
4日間 6,000円(税込 6,480円)
5日間 7,500円(税込 8,100円)

※パソコンをお持ちの方は持参して頂ければレンタル料金はかかりません。ただし、事前に開発環境構築が必要です。(下記にある公式HPに手順の説明があるのでご安心ください。)

・スクールスタイル
受講期間:1年間
入塾金:10,000円(税込 10,800円)
授業料(月謝/定額):18,000円(税込 19,440円)
※ただし、2,9月分のみ9,000円(税込 9,720円)
※基本的には個人開発用のパソコンの持ち込みが必要となります。ただし、初回講座のみレンタルの相談を受付の可能性あり。

【Life is Tech!(ライフイズテック)の特徴まとめ】

  • 自分のライフスタイルに合った受講方法を選べるので無理なく学習して頂く事が出来ます。
  • 何度も改良された独自のカリキュラムでは全くの初心者のお子さんにも理解してもらえるようになっているので安心して学習して頂けます。
  • プログラミングスキル以外にもプレゼンテーション力や創造力も身に付ける事が出来ます。

ライフイズテックの詳細を見る

monopro(モノプロ)

monopro(モノプロ)は、『未来をクリエイトしよう』をキーメッセージに子供達の『創造力』と『想像力』をさらに伸ばしながら、実際に考え出したアイディアを具現化出来るようにプログラミングスキルをしっかりと教えています。

またプログラミングを学ぶ上でmonopro(モノプロ)では現在では少しづつ導入され始めており今後はさらに成長分野になるとされている『VR(バーチャルリアリティ)』の世界を作る時や3Dゲームなどを製作する際にも使われるゲーム開発のためのソフトウェアである『Unity』を使ってしっかりプログラミングの基礎を学んでいきます。

【対象:小学4年生〜中学3年生】

【スクール費用】

※参考費用※

入会金:なし
月謝:16,000円(税込)

※ただしパソコンはご自身で持参して頂く必要があります。
また、事前にUnityのセットアップが必要なので下記の公式ホームページに記載のある手順通りにセットアップを完了させた上でご参加ください。

【monopro(モノプロ)の特徴まとめ】

  • これから需要の高まるプログラミング言語『C#』と開発ソフト『Unity』をしっかり学ぶ事が出来ます。
  • しっかりと1人1人の進捗状況に合わせて指導してくれるので安心です。
  • 知識0の初心者のお子さんでもしっかり基礎から学ぶ事が出来るので安心です。

モノプロ公式サイトへ

TENTO(テント)

TENTO(テント)は、スキルを身に付ける中でただ黙々と作業をしたりするのではなく遊びながら楽しみながら学んでいくスタイルで行っています。

今後100年役に立つと言われるITスキル(プログラミング)を全くパソコンに触れた事がないお子さんであれば基本的な操作方法から学ぶ事が出来ますし、プログラミング言語も10種類以上の中からお子さんが興味を持った言語を学ぶ事が出来るのでより楽しみながらスキルを身に付ける事が出来るようになっています。

【対象:小学生〜中学生】

【スクール費用】

TENTO(テント)ではまずは無料体験会にてしっかりとヒアリングをさせて頂いた上で入学の手続き方法や受講料などのご案内を行なっていますので、まずは無料体験会にお申し込みください。

【TENTO(テント)の特徴まとめ】

  • 豊富なプログラミング言語の中から興味・関心のある言語を選んで学ぶ事が出来ます。
  • しっかりと一人一人に合わせたカリキュラムを組むので安心して学習に取り組んで頂けます。
  • さらに初めは視覚的にわかりやすり学習ツールを使って学ぶますがその後は大人と同じ言語を使って開発などを行えるようになります。

TENTO公式サイトへ

LITALICOワンダー(りたりこワンダー)

LITALICOワンダー(りたりこワンダー)は、創造力を養う教育が必要と考えているため、今後人工知能やロボット技術が発達していった場合でも必要とされる人材育成をプログラミングとものづくりを通して行っています。

またLITALICOワンダー(りたりこワンダー)では、ゲームやアプリを開発するプログラミングコースや今後も発展が期待されるロボットを製作しながらプログラミングを学ぶ事が出来るコースと幅広いコースが用意されています。

【対象:年長〜高校生】

【スクール費用】

※参考価格※

・ゲーム&アプリプログラミングコース
入塾金:15,000円(税込16,200円)
授業料/月謝:月2回:10,000円(税込10,800円)
月4回:16,000円(税込17,280円)
教室運営費/月額:1,500円(税込1,620円)

・ロボットクリエイトコース/ロボットテクニカルコース/デジタルファブリケーションコース
入塾金:15,000円(税込16,200円)
授業料/月謝:月2回:11,000円(税込11,880円)
月4回:18,000円(税込19,440円)
教室運営費/月額:1,500円(税込1,620円)

※パソコンやテキストなどは教室で用意してあります。

【LITALICOワンダー(りたりこワンダー)の特徴まとめ】

  • プログラミングスキルだけではなくオリジナルアイディアを考え出す『創造力』も磨く事が出来ます。
  • 最新の機器などを使用出来る環境でしっかりスキルを学ぶ事が出来ます。
  • プログラミング学習を通して「物事をやり遂げる力」や「物事を順序立てて考える力」も身に付ける事が出来ます。

LITALICOワンダー公式サイトへ

 

STEMON(ステモン)

STEMON(ステモン)は、科学や数学といった領域に重点をおいて教育を行う『STEM教育』を取り入れて「プログラミング」と「ものづくり」を教えている数少ないプログラミングスクールです。

また、学習ステップもまず初めはブロックやタブレットを使ってしっかりと基礎を学習した後は徐々にステップアップをしていき最終的にはゲームやアニメーション作成など高度なスキルを身に付ける事が出来るようになっています。

【スクール費用】

STEMON(ステモン!)では、それぞれのお子様にしっかり合ったコース選択やどういった事を学ぶ事が出来るのかなどをしっかり体験会で説明させて頂いてから入会の手続き方法や受講料などのご案内を行なっているため、まずは下記の公式ホームページからお気軽に体験会へ参加される事をおすすめ致します。

 

【STEMON(ステモン)の特徴まとめ】

  • プログラミングスキル以外にエンジニアリングの知識やスキルといったようにあらゆる分野のスキルを身に付ける事が出来ます。
  • 身に付けたスキルを活用して自分で考えたアイディアを形にする力も身に付ける事が出来ます。
  • しっかりと学習過程がステップアップ形式になっているので追ていけないという心配がないので安心です。

ステモンの詳細を見る

STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)

STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)は関東地域を中心に10ヶ所以上の教室を構えている下は幼稚園年長さんから高校生まで学ぶ事が出来るプログラミングスクールです。

学べるコースは、タブレットを使ってプログラミングの基礎を学ぶ事が出来る『タブレットプログラミングコース』やロボットを組み立てながらプログラミングスキルを身に付ける『ロボットプログラミングコース』、さらには世界中でプログラミング学習ツールとして使われている『Scratch』を使ってプログラミングを学ぶ『Scratchプログラミングコース』などの中から選ぶ事が出来るようになっています。

【対象者:年長〜高校3年生】

【スクール費用】

※参考価格※

・Scratchプログラミングコース(全40回 90分/回)
対象:小学3年生〜中学3年生
入会金:6,000円(税込 6,480円)
月会費:2,000円(税込 2,160円)
受講料(月謝):11,000円(税込 11,880円)

・タブレットプログラミングコース(全20回 60分/回)
対象:年長〜小学4年生
入会金:6,000円(税込 6,480円)
月会費:2,000円(税込 2,160円)
受講料(月謝):7,000円(税込 7,560円)

【STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)の特徴まとめ】

  • 次世代の人材育成を行う事業として総務省から認定を受けているので安心してしっかり学習する事が出来ます。
  • 全くパソコンが始めてのお子さんでもタイピングなどの基礎スキルから教えてくれるので安心です。
  • 少人数制でも個別対応や授業の振替など万が一の時にもしっかり対応してくれるので安心です。

スタープログラミングの詳細を見る

【まとめ】

ここまで東京にあるおすすめの子供向けプログラミングスクールを紹介してきましたがどこか気になったスクールは見つかりましたか?

また、現代の社会ではインターネットで検索すればほとんど探したり見つけたりする事が出来るのですが、だからこそ情報が溢れすぎていてどれが正しいのかわからなくなってしまったり迷ってしまう事ってありませんか?

今回はそんな方やこれからお子さん向けのプログラミングスクールを探そうと思っている方のために特徴やコース内容などからおすすめスクールを厳選して紹介させて頂きました。

ただ、今回の記事だけで決めるのは不安だと思う方もいらっしゃるかもしれませんので、もし気になったスクールが見つかった際はスクールが開催している体験会に参加されてみて実際の雰囲気や講師の方々がどういった方なのかを体感されてみることをおすすめします。

最後に今回の記事がお子さんのためのプログラミングスクール探しに少しでもお役に立てれば幸いです。









 

About Author

Comments are closed.