【保護者も安心!!】横浜市にあるおすすめ子供向けプログラミングスクール6選

0

横浜は世界に革新的な製品やサービスを発表し続けているグローバル企業のAppleが新しい開発拠点を構えるなどIT分野においても注目を集めており、今後も多くの技術者が必要になる事は世界でもデータとして発表されているので、横浜市では近年、未来の優れた技術者になり得る人材を育成するため子供向けプログラミングスクールなどの開校が進んでいるのです。

そこで今回は数ある子供向けプログラミングスクールの中からおすすめの6校を紹介したいと思います。

Tech Kids CAMP(テックキッズキャンプ)/Tech Kids School(テックキッズスクール)横浜校

Tech Kids CAMP(テックキッズキャンプ)/Tech Kids School(テックキッズスクール)は、業界最大手と呼び声の高いIT企業である「サイバーエージェント」が運営する子供向けプログラミングスクールです。

学ぶスタイルは2つ用意されており、短期集中型(3日間)のキャンプスタイルと長期育成型(3年間)のスクールスタイルになります。

また、キャンプスタイルでは世界的人気ゲームの「Minecraft(マインクラフト)」を使ったりパズルのようにプログラミングが学べる「Scratch」を使ってオリジナルの作品を作って最終日にはプレゼンテーションまで行います。

さらにスクールスタイルでは初めはしっかりとプログラミングの基礎を学んだ上でステップアップしてiPhoneアプリやAndroidアプリの開発も行えるようになります。

【対象者:小学1年生〜小学6年生】

【スクール費用】

※参考費用※

・Tech Kids CAMP(テックキッズキャンプ):キャンプスタイル(3日間開催)
基本料金:42,000円(税込 45,360円)
パソコンレンタル(オプション):3,000円(税込 3,240円)
※パソコンをお持ちの方は持参頂ければオプション料金はかかりません。

・Tech Kids School(テックキッズスクール):スクールスタイル(期間:3年間)
1ヶ月あたりの受講料:19,000円(税込 20,520円)
PCレンタル料金:4,000円(税込 4,320円)/月
※パソコンをお持ちの方は持参頂ければレンタル料金はかかりません。

【Tech Kids CAMP(テックキッズキャンプ)/Tech Kids School(テックキッズスクール)横浜校の特徴まとめ】

  • 初めてのお子さんでもメンターや一緒に学ぶ仲間がいるので楽しく学習する事が出来ます。
  • 少人数制なので自分のペースに合わせて学べるので挫折してしまう心配もありません。
  • じっくり腰を据えてプログラミングの基礎から高度なアプリ開発まで学ぶ事が出来ます。

テックキッズキャンプの詳細を見る

Life is Tech!(ライフイズテック)横浜校

Life is Tech!(ライフイズテック)もTech Kids Schoolなどと同じくIT企業のサイバーエージェントが運営している中学生・高校生向けのプログラミングスクールです。

Life is Tech!(ライフイズテック)は、キャンプスタイルとスクールスタイルに加えてオンラインで学ぶ事が出来るオンラインスタイルの3つの受講スタイルから選ぶ事が出来るようになっています。

またキャンプスタイルは3〜5日間の期間で開催(地域によって異なる)されるワークショップの中でプログラミングスキルやものづくりの楽しさを学ぶ事が出来るようになっており、スクールスタイルでは期間は1年間で全くの初心者からでもアプリを作成出来るようになるカリキュラムとなっています。

さらに、オンラインスタイルでは自宅に居ながらプログラミングスキルを身に付ける事が出来るので通学が難しくて諦めていたお子さんにおすすめです。

【対象者:中学1年生〜高校3年生】

【スクール費用】

※参考費用※

・キャンプスタイル
受講期間:3日間・4日感・5日間から選択(開催会場により変動)
基本料金:3日間 39,900円(税込 43,092円)
4日間 59,200円(税込 63,936円)
5日間 69,900円(税込 75,492円)
PCレンタル料金:3日間 4,500円(税込 4,860円)
4日間 6,000円(税込 6,480円)
5日間 7,500円(税込 8,100円)

※パソコンをお持ちの方は持参して頂ければレンタル料金はかかりません。ただし、事前に開発環境構築が必要です。(下記にある公式HPに手順の説明があるのでご安心ください。)

・スクールスタイル
受講期間:1年間
入塾金:10,000円(税込 10,800円)
授業料(月謝/定額):18,000円(税込 19,440円)
※ただし、2,9月分のみ9,000円(税込 9,720円)
※基本的には個人開発用のパソコンの持ち込みが必要となります。ただし、初回講座のみレンタルの相談を受付の可能性あり。

【 Life is Tech!(ライフイズテック)横浜校の特徴まとめ】

  • これまで21,000人以上の受講生を輩出しているだけでなく受講生から多くのコンテストなどに入賞する受講生を輩出しています。
  • 3つの受講スタイルがあるため自分のライフスタイルに合った受講スタイルを選べるので無理なくスキルを身に付ける事が出来ます。
  • 受講生の約8割は未経験からのスタートだったので初心者のお子さんでも安心して学習して頂けます。

ライフイズテックの詳細を見る

TENTO(テント)横浜

TENTO(テント)は首都圏を中心に10ヶ所に拠点を構えており、情報化時代の嵐から子供達を守る存在でありたいという想いから名付けられています。

しかし、ただ子供達を守り続けるのではなく、その中で自分自身でプログラミングを使ってものを生み出す楽しさを伝え、最終的には世の中に新しいサービスなどを送り出せる人材になれるように教育を行っています。

また、TENTO(テント)では他のスクールとは違い10種類以上のプログラミング言語の中からお子さんのやりたい事などに合わせて好きな言語を学ぶ事が出来るのでお子さんも自主的に学習を行います。

【対象者:小学生〜中学生】

【スクール費用】

TENTO(テント)横浜ではまずは無料体験会にてしっかりとヒアリングをさせて頂いた上で入学の手続き方法や受講料などのご案内を行なっていますので、まずは無料体験会にお申し込みください。

【TENTO(テント)横浜の特徴まとめ】

  • スキル習熟状況に応じてステップアップする事が出来るので安心して学習に取り組めます。
  • タイピングなどのパソコンの基礎操作などもしっかり学べるので初心者のお子さんでも安心して学習して頂けます。
  • プログラミング言語以外のグラフィックソフトなどデザインの部分にも触れる事が出来ます。

TENTO公式サイトへ

 

LITALICOワンダー(リタリコワンダー)横浜

LITALICOワンダー(リタリコワンダー)は、ITスキルを身に付ける事だけではなく『創造力』を育む事にも力を入れています。

なぜかというと、現在もAI(人工知能)やロボット(Papperくん)などがどんどん発展してくると私たち人間の仕事をAI(人工知能)などに代替されてしまう可能性があるからこそ、私たち人間にしか創造する事が出来ない ものをITスキルやテクノロジーを活用して創り出す必要があると考えています。

そこでLITALICOワンダー(リタリコワンダー)では、世界中で遊ばれている『ゲーム』を作る事が出来るようになる「ゲーム&アプリプログラミングコース」やこれからもっと注目される分野であるロボットを製作しながらプログラミングを学ぶコースなど様々なコースが用意されています。

【対象者:年長〜高校生】

【スクール費用】

※参考価格※

・ゲーム&アプリプログラミングコース
入塾金:15,000円(税込16,200円)
授業料/月謝:月2回:10,000円(税込10,800円)
月4回:16,000円(税込17,280円)
教室運営費/月額:1,500円(税込1,620円)

・ロボットクリエイトコース/ロボットテクニカルコース/デジタルファブリケーションコース
入塾金:15,000円(税込16,200円)
授業料/月謝:月2回:11,000円(税込11,880円)
月4回:18,000円(税込19,440円)
教室運営費/月額:1,500円(税込1,620円)

※パソコンやテキストなどは教室で用意してあります。

【LITALICOワンダー(リタリコワンダー)横浜の特徴まとめ】

  • これからのIT時代に必要とされる『創造力』をしっかり身に付ける事が出来ます。
  • 最新の3Dプリンターといった機器が揃っている環境で学ぶ事が出来ます。
  • 教室の空間に決まった形をあえて作らず自由な発想を育むための最高な環境で学習する事が出来ます。

りたりこワンダー公式サイトへ

 

 BUILDER KIDS GARAGE(ビルダーキッズガラージ)

BUILDER KIDS GARAGE(ビルダーキッズガラージ)の名前の由来は”無限の可能性をBuildする”という想いを込めて付けられています。

また、 BUILDER KIDS GARAGE(ビルダーキッズガラージ)ではお子さんにしっかりとプログラミングスキルを身に付けて頂くために「基礎をしっかりと学ぶ」→「たくさんのゲームを作る」→「自分が作りたいオリジナル作品を作る」という3ステップに分けて取り組んでいきます。

さらに、学べるコースも初めてのお子さんがしっかり基礎を学べる「エレメンタリーコース」から本格的なAndroidアプリの開発を行うコースや本格的なゲームを作るコースなど幅広く用意されています。

【対象者:小学2年生〜中学3年生】

【スクール費用】

※参考費用※

[エレメンタリーコース、Scratchコース]
入会金:22,000円(税込 23,760円)
※期間限定で無料キャンペーンなど行う場合あり
・月2回コース
授業料:7,500円(税込 8,100円)
施設利用料:1,000円(税込 1,080円)
・月4回コース
授業料:14,000円(税込 15,120円)
施設利用料:1,000円(税込 1,080円)

[Raspberry Piコース、Androidコース、Unityコース]
※エレメンタリーコースもしくはScratchコース修了者が対象
・月2回コース
授業料:8,000円(税込 8,640円)
施設利用料:1,000円(税込 1,080円)

※パソコンの有無については下記の公式ホームページよりお問い合わせください。

【BUILDER KIDS GARAGE(ビルダーキッズガラージ)の特徴まとめ】

  • プログラミング基礎から応用として高度なAndroidアプリ開発までとしっかりプログラミングスキルを身につける事が出来ます。
  • 都合が悪くなって授業に参加出来ない場合でも振替対応してくれるので安心です。
  • 無理なくステップアップ出来る内容になっているので焦る事なくしっかり学ぶ事が出来ます。

http://ビルダーキッズガラージ公式サイトへ

 

STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)

STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)では、プログラミングスキルはもとよりプラスαで4つの力「創造力」「物事を順序を立てて組み立てる力」「コミュニケーション力」「何かをしっかり伝える力」を身につける事が出来るオリジナルのカリキュラムを使って育成を行なっております。

また、受講出来るコースも年長から楽しみながらプログラミングを学ぶ事が出来る『タブレットプログラミングコース』や初心者のお子さんでもパズル感覚でプログラミングを学ぶ事が出来る学習ツール「Scratch」を使った『Scratchプログラミングコース』など取り組みやすい内容になっています。

【対象者:年長〜中学3年生】

【スクール費用】

※参考費用※

・タブレットプログラミングコース(全20回 60分/回)
対象:年長〜小学4年生
入会金:6,000円(税込 6,480円)
月会費:2,000円(税込 2,160円)
受講料(月謝):7,000円(税込 7,560円)

・Scratchプログラミングコース(全40回 90分/回)
対象:小学3年生〜中学3年生
入会金:6,000円(税込 6,480円)
月会費:2,000円(税込 2,160円)
受講料(月謝):11,000円(税込 11,880円)

※パソコンの貸し出し有無については下記の公式ホームページよりお問い合わせください。

 

【STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)の特徴まとめ】

  • プログラミングに触れた事がないお子さんやこれから小学校に上がる年長さんも学ぶ事が出来ます。
  • 学校のような大人数での一斉授業ではなく少人数制なのでしっかり学習に取り組む事が出来ます。
  • 自宅でもパソコンやタブレット端末があればプログラミング学習が出来ます。

スタープログラミングの詳細を見る

【まとめ】

ここまで横浜市にあるおすすめの子供向けプログラミングスクール6校紹介してきましたが、予想以上にたくさんスクールがあると感じた方も多いのではないでしょうか?

これからさらにIT技術は発展しIT産業が成長していく中で今のうちにしっかりスキルを身に付けておく事で10年後, 20年後の選択出来る可能性が大きく変わってくるのではないでしょうか。

まずは気になったスクールがあればホームページを覗いてみるでも良いですし、無料体験会に参加されてみるといったように今回の記事をきっかけに小さくても良いので一歩踏み出すきっかけにされてみてはいかがでしょうか?









 

About Author

Comments are closed.