Chromeの拡張機能開発に必要なプログラミング言語は?

0

パソコンのブラウザでChromeを利用している人も多いのではないでしょうか。

Chromeブラウザには拡張機能というものがあり、さらに便利に使いやすく自分好みにカスタマイズできるのも魅力ですね。

この拡張機能は個人でも開発することができますが、必要なプログラミング言語はどういったものになるのでしょうか?

Chrome拡張機能の開発に必要なプログラミング言語

Chrome拡張機能の開発には以下のプログラミング言語の理解する必要があります。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

HTML/CSSはマークアップなのでWeb関連の仕事をしている人であれば、問題なくクリアできそうですね。

JavaScriptに関してもフロントエンジニアの人はもちろん、独学でも勉強しやすい言語なのでChrome拡張機能を個人開発するのも決して敷居が高くないと言えます。

 

Chrome拡張機能開発の流れ

実際の開発の流れを簡単に説明していきます。

1:マニフェストファイルの作成

全てのChrome拡張機能はベースとなるマニフェストファイルを作成する必要があります。

拡張機能の名称や、機能、バージョンなどですね。

簡単に言うと、その拡張機能の説明書のようなもの。manifest.json として定義します。

 

2:コードやUIを作成する

マニフェストを作成したあとは、実装する機能やUIを作成していきます。

 

3:拡張機能をテストする

拡張機能が完成すれば、テストを行っていきます。

Chromeブラウザを開き、デペロッパモードで拡張機能のテストを行っていきます。

 

4:Chromeストアに公開する

テストをして問題なければ、全世界に公開することができます。

開発者アカウントを作成し、zipファイルとしてアップロードします。

参考:https://developer.chrome.com/webstore/publish









 

About Author

Comments are closed.