iOSアプリ開発でCocoapodsが使えるように環境を作る方法

0

iOSアプリ開発に役立つ外部ライブラリを管理してくれるCocoapods。

CocoapodsなしでもiOSアプリの開発はできますが、すでにあるライブラリを使用することで、手軽に機能を実装することができます。

 

CocoapodsをMacに導入する方法

それではさっそくiOSアプリ開発でCocoapodsを導入する方法を紹介していきます。

まずはターミナルに以下を入力します。(以下の操作は全てMacのターミナル上で行います)

 

このコマンドでRubyのGemを最新の状態にします。

 

次にCocoapodsをインストールしていきます。

Rubyで言うbundlerのようなツールですね。

 
最後にpod setupで完了となります。

ちなみに各々のPCスペックや接続環境にもよりますが、pod setupをしてから完了するまで筆者の環境ではけっこう時間がかかりました。

途中で操作を中断してしまわないように気長に待ちましょう。

 

セットアップが完了したら上記メッセージがターミナルに表示されます。

ここまで表示されれば、Cocoapodsの環境設定は完了となります。お疲れ様でした。

 









 

About Author

Comments are closed.