[Mac]Gitをターミナルから操作する。ブランチを作成→チェックアウト→マージまで

git

Gitをターミナルから操作するためのメモです。

インストールから最初のコミットまではこちらの記事で紹介。

[Mac]Gitをインストールしてターミナルから操作する。リポジトリ作成から最初のコミットまで

なお、全ての記事はGUIを使わずにターミナルで完結するようにしています。

下ごしらえ

ターミナルから操作する下準備としてtestフォルダを作成、その配下にファイルを作成します。

mkdir test #testディレクトリを作成
cd test #testディレクトリへ移動
git init #testディレクトリへgit導入
echo 'hello git' > index.html #'hello git'と書かれたindex.htmlファイルを作成

 

ブランチを作成する

下ごしらえが終わった段階で現在のブランチを確認してみます。

git branch

=>
* master

まだ他にブランチを作成していない状態なので、masterブランチのみとなります。

ここからtestブランチを作成してみます。

git branch test
git branch # 現在のブランチを確認
* master
  test

新しくtestブランチが作成されたのを確認しました。

なお、git branchよりも詳細な情報を確認したい場合はgit show-branchで確認できます。

 

ブランチへチェックアウトする(ブランチの変更)

それでは作成したtestブランチへチェックアウトしてみましょう。

ホテルを「チェックアウト」する、などで使われますがGitではブランチを変更する意味合いで使われます。

masterブランチからtestブランチへ切り替える場合は、

git checkout test

とします。checkout以下に切り替えたいブランチ名を記載します。

切り替わっている確認してみます。

git branch
  master
* test

testブランチへ切り替わっていることを確認しました。

 

ブランチを作成→作成したブランチへ移動、という2つの作業を一行で行うこともできます。

cssブランチを作成→チェックアウトします。-bオプションで一度に可能です。

git checkout -b css
git branch
  master
  test
* css

 

ブランチを削除する

少し脱線しますが、ブランチを削除する方法を紹介。開発を行なっていく中で不要なブランチが溜まってきた場合はどんどん削除していきましょう。見通しがよくなります。

ちなみにカレントブランチ(現在のブランチ)は削除できないので注意しましょう。

一度、ブランチをmasterに戻しtestブラントを削除します。

git branch master
git branch -d test
git branch
* master

ブランチの削除は-dオプションの後に削除したいブランチ名で削除します。deleteのdですね。

 

マージする

次はマージです。マージとは「統合する」などの意味ですが、他のブランチで作業していたものを特定のブランチへ統合します。

ここでは、cssというブランチでcssファイルを作成し、それをmasterブランチへ統合します。

途中確認ですが、現在のブランチはmaster。testディレクトリの中にはindex.htmlファイルだけがある状態です。

git branch css #cssブランチを作成
git checkout css #cssブランチへチェックアウト(切り替え)
echo 'Hello Git' > index.css #cssファイルを作成
git add index.css #index.cssファイルをステージング
git commit -m 'add css file' #コミット

これでcssブランチ上でindex.cssをコミットすることができました。

次はこの変更をmasterブランチへマージ(統合)していきます。

git checkout master #masterブランチへ切り替え
git merge css #cssブランチからmasterへマージする


カテゴリー